« ロシアについてうんちくを語る | トップページ | 高島屋に行ってきました »

2018年4月16日 (月)

腹の底から愛を叫びまショー


.


みなさん、見ましたかheart01


羽生くんの凱旋ショー。
Continues ~With Wings~

現地観戦組も、テレビ観戦組も、映画館鑑賞組も。




私は2日目現地観戦組です。
行ってきました。




武蔵野の森とかいうところに行くのは初めてです。
しかし、年末の全日本の会場だったので、
全日本の映像を見返して、スタンド席の階層が
リンクと違うことを確認して、

よしっ、これはアリーナをフンパツせねば!

と、通帳を確認しました。←www

しかし、最大の敵は天気だった。

太陽は出てるんですが、気圧がどんどん下がってて、
薬を飲んでも頭痛はおさまらないし、肩は重いし。
ちょっと油断するとズドーンとくる感じです。


こんな日に、人が大量に湧いてる池袋新宿経由で行くのを断念。
時間がかかるけど、西武線→バス乗り継ぎで、
ゆる~りとICUとかスバルの巨大販売店とか天文台を
眺めながら向かいます。


浄水場という停留所で降りて、
味の素スタジアムの脇を歩きます。

ほぼ、人通り皆無。

Img_20180414_131514





……ちょっと不安になってきます。
人っ子一人いません。

ホントに今日なのか?
ホントにここでいいのか?

という不安は、東京五輪マラソン折り返し地点の
看板のあたりで払拭されます。

Img_20180414_131926




あ、目の前の歩道橋、ひっきりなしに人が歩いてる。


ホッとした一瞬でしたwww




そこからは人込みを掻き分け掻き分け。

グッズは通販可能ってことだったので、
激混みのグッズ売り場はスルー。
ここはガイドブックだけ売ってま~すの
呼び声に惹かれて、とりあえず購入。

ガイドブック買ったはいいけど、いつも持ってる
クリアファイルを持ってかなかったんで、
このままカバンにしまうと端っこが
知らぬ間に折れてしまう……

そうだflair
大抵のショーの場合、いらんチラシを大量にもらいます。
その袋に入れようそうしよう。



で、入場。


もう右も左も人だかりで、何が何だか……
いつもは要らないannoyと思ってるチラシ袋が、
今日は喉から手が出るほどほしい。

しかし、なんか……

チラシ、少なくね……?


Img_20180414_222555

↑入ってたのは、この4枚のみwww

右から、公演の写真集の案内、CSテレ朝の放送日、
FoIのチラシ、ゴーちゃんのスケートアニメのチラシwww

これはチラシの製作費を削ったのか、
他の小さなスポンサーを排除して、
マジでテレ朝一本なのか。
いずれにしても、剛毅だな。



で、席を探します。

そもそも前情報とかまったく仕入れないし、
老舗の競技場ならともかく、新設アリーナの座席表なんかないし。

席に着いてみるまで、どんな位置なのかわかりません。
昔は座席選んでチケット取れたんだけどなあ。




で、で! で!!






フンパツしてヨカッタ~~~heart01heart01


運よく当たったチケットは、
なんと前から2列目という好位置!

Img_20180414_133535_2



マジか~~~!!??



ほぼ目線にスケーターがいます!
チケットと座席を3回ほど確認しました。
そして開園が時間が近づくにつれて、
やはりこの席は間違いじゃないのかという不安に苛まれ、
「そこ、私の席ですけど!?」
という人が現れないかとヒヤヒヤしてたことは内緒。



正直言って、先週行ったSoIのチケットの方が
高かったんですけど、ぜんぜん遠い席でしたannoy

羽生くん凱旋ショーの方は、アリーナAにしたので
ショートサイドだったけど、



近っ!!

こんな近くで見るの、プリンスのエキサイティングシート以来だぜ!

ああ、こんなに近い席なんだったら、
羽生くんが滑るとこ見たかったなあ……

↑前情報をホントに入れないため、この時本気でそう思ってたcoldsweats01



ようやくゆっくりと席について、ガイドブックを確認。

ヽ(*≧ε≦*)φブッ!!

いきなり開いたページが、なぜかココでしたw

Img_20180414_223458


私はこの後数時間、
修造さんのこの言葉を噛み締めることになります。




.




リンクサイドから、全周を見渡してみます。
全日本とは違って、ジャッジもいなけりゃ関係者席もない。

端から端まで、4階のさらに上のボックスみたいなところにまで、
人がびっしりと埋まっています。


――この人たちみんな……



今ここに集った、この数千の人たちみんな、
羽生くんのためだけに集まっているのです。

先行予約の時点で、出演者はひとりも発表されてません。
しかも、羽生くんはリハビリのため滑りません!と
釘を刺されてるにも関わらず、チケットを取った人。

先行で取れず、一般発売に回った人。
出演者発表に前後しての一般発売でした。

だから、ここに集ったのは、純粋に羽生くんを応援する人だけ。


羽生くんを一目見たい人、
羽生くんに直接おめでとうと言いたい人、
羽生くんに直接ありがとうと言いたい人。


そして、


思いっきり、誰にはばかることなく、腹の底から、




羽生くんへの愛を叫びたい人!




素晴らしい。
いい企画だ。
チケット取れてヨカッタhappy02


感涙にむせび泣きそうです。


昨日もこんな光景だったのかな。
羽生くん、ちゃんと見てるかな。

この人たちみんな、プルさんでも佐野さんでもなく、
ただ羽生くんのためだけに集まってるんだよcrying



パレードとかはタダだけど、
この人たちみんな、お金を払って、
「羽生は滑りません」と釘刺されてもなお、
羽生くんを見にここまで来たんだよ~crying



同士がこんなにいるんだと思うと、
ワシもう感激です。





さて。
2日目の公演は、5月にCSテレ朝で放送するので、
うろ覚えのトークとかトークとかトークとかを
連綿と綴るのはやめておきます。

ニュースで見た人もいるだろうけど、
2日目の佐野さんは、真っ赤っかのきんきらきんでした。

えっヾ(.;.;゚Д゚)ノまさか飛ぶの!?
えっ∑q|゚Д゚|pまさか回るの!?

というドキドキというかハラハラというか。
珍しいものを見ました。


思い起こせば、私が生まれて初めてみたアイスショーは、
佐野稔さんの公演でした。

後楽園だったかなあ?
姉によると、ビバ!ナントカショーみたいなタイトルだったらしい。

確かに、1970年代はビバが流行ってた。

ハァ~ビバノンノへ(´∀`ヘ)へ))
とか、
少女漫画でも「ビバ!学園天国」みたいなのあったし。



稔さんが、今の羽生くんぐらいの年齢の頃でした。
スマートでハンサムでね。
ツイードのジャケットに赤いスカーフ巻いてました。
それは覚えてる。

あれから40年の時が経って、
稔さんから羽生くんに継承されていくものが、
ここにある。


私は、出演者に稔さんの名前を見た時に、
これは単なる演技を見せるだけのアイスショーではない、
と、思いました。

だって、フツー、稔さんが滑ると思わないでしょ。
滑れるだろうけど、ショーナンバーを滑るとは、
出演に名前が載るまで誰も、考え付かなかったはず。


このショーに出る、つまり滑ることは、
稔さんにとってとても勇気の要ることだったと思います。
往年の名選手ですが、過去の名選手でも往年。
現役からすでに40年が経過しています。

数年前に、ドロシー・ハミルさんがSoIに出て、
53歳ぐらいで滑ってましたけど、それとはわけが違う。

だって、この公演は、2月17日の平昌五輪
男子フリーが終わってから企画されたもの。

羽生くんの金メダル、そして2連覇が決まって、
1ヶ月経たないうちに告知されて、
2ヶ月経たないうちに実施された。

ふつうのアイスショーなら、出演者オファーは
少なくとも半年前からしています。
ものによっては1年前から。


それを、わずか2か月足らずで、
これだけのメンバーを集めた。


少ないと、そう思いますか?


ふつうのアイスショーだと思えば、少ない。
でもこれは、アイスショーではない。

もし、もっと盛大に人を集めてやりたいのなら、
じっくりと時間を取ってオファーして、
7月でも8月でも夏場にやればいい。

でも、怪我が治らず本人が滑れないとわかってて、
この時期に強行開催した。
その理由が必ずあるはず。


私は、稔さんの出演が決まったと知ったとき、
この公演は、羽生くんの所信表明だと思いました。

なかよしを集めて滑るショーでもなく、
権威を誇示するために有名どころを呼びまくるのでもなく。

人数が多ければいいというものではないのです。
羽生くんという、若干23歳の若造が、
2ヶ月以内にどんな人脈を集められるか、
という、非常に政治的な話でもある。

だから、スケ連の理事であり、
日本のフィギュアスケートの先駆者である
稔さんが出演した意味が、実は一番大きいと思う。


みなさんは、現地で、テレビで、映画館で見た、
羽生くんのトークや、数々の言葉のはしばしに、
確固たる所信表明を感じませんでしたか?



私は幸運にも、2日目に現地、3日目をテレビで、
違う公演を2回見ることができました。

回によって多少とも内容の違う、
けれど同じことを言ってるな、と思いました。


みんな、どう受け止めたのかな。

私は、2日目はテレビ入ってないと思ってたので、
放送が無いから言ったのかと思ってました。
でも、生放送の3日目も、臆することなく発言してた。



私には、こう聞こえた。

 僕も傷つき、そして同じようにみんなも傷ついたと思う。
 でも僕は、負けないし挫けない。これからも戦っていく。
 こんな僕を、応援し続けてくれるだろうか。


そして、そんな羽生くんを支えるぞ、と集まったのが、
プルさんやジョニ子や稔さんです。




私は、大勢の中のひとりで構わないから、
羽生くんに、おめでとうとありがとうと言いたくて、
あの場に行ったのです。

だけど、もう一言を追加します。


これからもずっと、応援するよ。






.








そして、そんなことを考えている中、
まさかの(←私にとってはw)羽生くん衣装で登場!?

Σ(゚□゚(゚□゚*)!!??

えっ、滑るの!?
ホントに滑るの!?


……いや、みなさんね、SNSとかで事前学習してらっしゃってて。

驚いてるの私ぐらいでしょうかね……


しかも、3曲も。
思い出深い曲ばかり。


MI2は、私が羽生くんにハマるきっかけのプログラムです。
2009年の代々木のファイナル。
五輪シーズンだったというのに、
私はジュニアの追っかけになったのですw

そして、震災の年の悲愴。
熊本地震から2年ということもあっての選曲だったのか。

最後に、パリ散。
これはもうね……ソチ後の大阪でやったエキシビション行ったさ。
パンフに特大のポスターが入ってたさ!



うわあぁぁぁあΣ(・□・;)


ナマで!
この距離で!
マジですか~~~!!!!



私、気分的には、初日の人たちと同じ喜びと驚愕を味わってたと思う。


それと、今の羽生くんの滑りを、
ぜひナマで見たいという願いも叶いました。

他の出演者の方がデカいはずなのに、
羽生くんは大きく見えました。

滑りならバトルもシェイリーンも上手い。
存在感ならプルさんも負けてない。

でも羽生くんが一番大きく見えた。




嗚呼。
なんかもう、言葉にできない(byオフコース)

代わりに、この人に代弁してもらいます。


Img_20180414_223458_3



いま、あなたに会~えて、ほんとうによかった
うれしくて、うれしくて、言葉に~できな~い~


↑メロディのわかる人、歌ってみよう♪






羽生くん、おめでとう。
そして、ありがとう。
これからも応援するよ。


最後に、いつも愛してると腹の底から叫びまショー!




.


以上

|

« ロシアについてうんちくを語る | トップページ | 高島屋に行ってきました »

2018 平昌五輪」カテゴリの記事

コメント

くずさん♪こんばんは

いい席でしたねーーー!!
パリ散をあの位置で・・!!眼福でしたね♡
滑りませんと言っときながら滑る・・
さすが予想のナナメ上をいく羽生さん
しかも過去衣装で過去~OPプロまで・・
足の回復が順調だったからかもですが
お客さんを喜ばせたいという心意気が
伝わりますね・・!!感動です!!
実際、滑りたくてウズウズしていたんだろうな
ついジャンプするんじゃないかってヒヤヒヤしましたよ!(笑)
またこういうアイスショーするかもって!!
ほんとかな?次はきっとジャンプ付きですね!
もうこうなると他のアイスショーは出なくていいのでは?と思ってしまいます。

ラララ~ララ~ララ~言葉にできなーい
小田さんですね・・好きでしたよ

これからも応援するよー愛してる~!!!!
(人様のブログで叫んで失礼しました)

投稿: yuki☆☆ | 2018年4月17日 (火) 21時25分

くずさ~ん
こんにちは^^


くずさんのお話読みながらワクワクして参加はできなかったけど高揚感がMax!!!
叫びまくりたい!(笑)


今、実生活で色々なことが起こりなかなか平穏な心持ちになれない私ですが羽生君も凄まじい悩みと闘いながら七転八倒のなかでの偉業だったのだと。。。

人間『羽生結弦』の生きざまに感じ入ってしまいます


生きる力、感動、立ち上がる勇気、いっぱいいっぱい、ありがとう!とここで叫ばせてください!

くずさんいっぱい記事書いてくださいね

楽しみにしています^^*

投稿: カスミ | 2018年4月18日 (水) 15時16分

yukiさん、カスミさん、こんばんは~

一緒に愛を叫ぼう!!
愛してるぞ~~~!!

私もジャンプ飛んじゃうんじゃないかとヒヤヒヤドキドキ、ちょっとだけわくわくしましたw
いや、眼福。嬉しいオドロキ。
悲愴は胸を撃たれました。
そしてパリ散でキャーキャーいいました(年甲斐もなく…)

それでわたし、しみじみ思いました。
まだ23歳なんだよな、って。
頂点に立つ人間って、許容量がハンパないからこそなんだな、って改めて感じ入りました。

投稿: くず | 2018年4月18日 (水) 23時03分

クズさん、無事に会場に辿りつけて良かったですね。
それも、スンバラシイ席でおめでとうございます。
滑る事を知らなかったなんて、コラコラ‼︎

又々、いい記事した。
首都圏から遠く離れた地方に住んでいる私は、滑らないのだったら今回はやめとこ、と参戦しませんでした。
がしかし、滑った。そして語った( ; ; )

観戦した方から出てくる言葉は、それこそ言葉尻を捉えて、ああでもないこうでもないと。。。爽やかじゃなくって、読んでで暗くなる。

でもクズさんのお書きになった「決意表明」は、未来を見据えたお話で、希望が見えます。
良いショーだったと、やっと実感。
次の羽生君のショーを待ちわび、参戦するぞ‼︎

ロシアの記事も興味深く読ませていただきました♡

投稿: ごま | 2018年4月19日 (木) 16時10分

ごまさん、こんばんは!

事前学習しなかったから味わえた感激と興奮もある、ということですなw
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

それにしても、同じものを見ても感じ方は人それぞれなんですねえ。
私は「所信表明」ってかなりやんわり書いたんですが、テレビ見て宣戦布告だと確信しましたよ。
攻撃と防御と宣戦布告を同時にした、と。

2日目は会場に都築センセがいたけど、もちろん稔さんも発言を止めなかった。
プルさんもジョニ子も。
みなの賛同あっての発言ってことですよね。
後ろ向きの発言ではなく、むしろ非常に挑戦的な言葉だと思うのです。

ちなみに、今現在あそこまで滑ってるなら、FoIのエントリーはあると思いますよheart01

投稿: くず | 2018年4月19日 (木) 22時43分

おじゃまです。
いいお席でみれたんですね。
いいな~。万年、お茶の間観戦なので。
一度くらい生でみてみたいです。
やっぱ、違いますよね。いいな~。
羽生君 嬉しそうで楽しそうでほっこりしました。

>「所信表明」もとい宣戦布告
やっぱ、そう思います?
五輪後から、やんわりと自分のこと言ってましたし、今回でしょ?
そうとう覚悟をきめてるのかなって。
にもかかわらず、あいかわらずの素人ライターもどきの三文記事はでるは、とある一派は狂喜乱舞している様子で・・・
それにあのショーは羽生君とそのファンのためのものでしょう?インパクトのある言葉が独り歩きして、もっとも伝えたかったことが
一部の羽生ファンに伝わってないようなね。
そんな気がするんですよ。

正直これまでの羽生君の背景を多少なりともしってるから、もうなんのしがらみなく気負いなく自由に好きなようにやってほしいのが本音なんですけどね。
小さなお子さんにスケートやらせている親御さんに「上手になるのはうれしいんだけど複雑で(ファン同士のいざこざやあれこれ)」とこぼしているのを聞いたことがあります。
ゆゆしきことですよね。
多分こんなふうに思ってる方は一人や二人じゃないと思うんです。
そうなるとやはり羽生君が立ち上がるしかないのかな、なんて。

ノブレス・オブ・リュージュ?じゃないけど
権威や称号はひけらかすものでなく、本当に必要なときに行使されるべきものだと思うから。五輪連覇の覇者である羽生君にしか、その背景を含めてできるひとはいないんですよね。「アスリートの権利を守る」こんな単純なことがなぜいままで出来なかったのか不思議でなりません。

さて五輪の覇者はどう動くでしょう。
「手負いの獣ほどおそろしいものはない」
  ~首ヲアラッテマッテイロ~
とどめが 羽生結弦をなめるな でしょうか。 そのあかつきには爽快な記事
お願いします。 失礼しました。

投稿: 閑人 | 2018年4月20日 (金) 20時48分

ぐふふ(・∀・)ニヤニヤ
一度、閑人さんと膝を合わせてゆっくりとお話してみたい(。・w・。 )

どこへの宣戦布告なのかとか、この先4年後8年後にあるだろう話とかについてとか(゚m゚*)
ある程度構想は固まってて、あとは羽生くんの引退時期で始動するだろうと思われる案件についてとか(≧m≦)

ひとまず羽生くんには、議論できるぐらい英語に堪能になっておいた方がいいと言っておく。

それまでにどれぐらいの月日があるのかしら? 読めないのは時期だけだわw
ぐふふ、目を皿にして耳をそばだてて、その日を見逃しませんよw

投稿: くず | 2018年4月21日 (土) 12時52分

ふふふ。 ある意味 陰謀論ですな(笑)
正直 プロットが固まらんのですわ。
急ぎたいのは山々だけど
急いてはことを仕損じる。
綿密に狡猾に確実に仕留める秘策。
ひょっとして水面下では動いてるとか?
ぜひご教授 願いたいですわ。
機会があれば 一晩中でも
「羽生結弦の壮大な陰謀(笑)」について
語り合いたいですわwww

投稿: 閑人 | 2018年4月22日 (日) 15時21分

こ、こ、答え合わせしてみたいwww

私の中では、かなり綿密に纏まって整合性が取れてきてるんですが、なにしろ羽生くんは想像のナナメ上をいく人ですからw

リアルでお会いできる機会があるといいですね。
た、楽しそう(゚m゚*)

ところで、陰謀じゃなくて深慮遠謀と言ってあげてw

投稿: くず | 2018年4月22日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599483/66614070

この記事へのトラックバック一覧です: 腹の底から愛を叫びまショー:

« ロシアについてうんちくを語る | トップページ | 高島屋に行ってきました »